ソーシャルレンディングとは

ソーシャルレンディングとは

まずは、ソーシャルレンディングの仕組みを見ていきましょう。

ソーシャルレンディングはクラウドファンディングの一つで融資型クラウドファンディングと呼ばれていて、お金を調達したい企業とお金を投資したい人(私たち)とをマッチングさせるサービスのことです。

複数の投資家(私たち)がお金を少額ずつ出して、資金調達をしたい企業にお金を貸して、その対価として利息を貰うという仕組みです。

私たち投資家と資金調達したい企業の橋渡しをしてくれるのがソーシャルレンディングの運営会社です。有名なところだとSBIソーシャルレンディング、maneo、クラウドバンクなどがあります。

ソーシャルレンディングの5つの特徴

①高利回り

ソーシャルレンディングの特徴として高利回りというのがあります。ではいったいどのくらい貰えるのでしょうか?

今の時代、比較的金利が高いネット銀行でも年利0.01%とかなので100万円を1年間預金していたとしても100円増えるだけです。

しかしソーシャルレンディングなら年利3%~14%なので、例えば10%の案件に100万円出資した場合1年後に増える分は10万円となります。

同じように100万円を1年間預けていただけなのに、ソーシャルレンディングは銀行預金の1000倍も多くなります。

②手間がかからない

ソーシャルレンディングの特徴として、手間がかからないというのがあります。どういうことかと言うと

一度どの案件に出資するか決めてしまえば、あとは基本的には何もすることがありません。しいて言うなら毎月決まった日に分配があるんですが、それをスマホかパソコンで見るぐらいしかやることはないです。

これが株式投資やFXなら頻繁にチャートを見たり、面倒くさがって見なかったら思惑と反対に行って損したりと常にドキドキして精神衛生上よくないですが、ソーシャルレンディングは相場があるわけではないので満期になるまでは本当にやることがありません。

簡単にまとめると、銀行より1000倍お得で、株より手間がかからない。

投稿日:

執筆者:

no image

2018/07/28

Hello world!